LabsWikiは2018年1月31日をもってサービスを終了させていただきます。今後Wikiを作成される際は、Gamerchをご利用ください。

真・北斗無双 攻略WIKI

ストーリー

ラオウ編


Z来襲…

時は世紀末、暴力が支配する時代。
そんな時代をたくましく生きるバット、そしてリンの前に あの男 が現れる。
世紀末救世主伝説が今、始まろうとしていた。
≪ 表示を戻す

● 世紀末始動
ある一帯を縄張りとして暴れていたZ(ジード)と呼ばれる集団に 「襲撃を受けた」 と一報が入る。

駆けつけると 死体は体の内部から破壊されており、 その中にいた唯一の生き残りも目の前で破裂してしまう。
生き残りが 首長ジードの前で最期に口にしたのが、謎の言葉 「ほくと」 だった。

● 水

そのころ、 灼熱の炎天下に、水を求めて街へと向かう男がいた。
しかしその体力にも限界が ・・・ たどり着いた とある村の罠にかかり、捕らえられてしまう。

● 出会い

ケンシロウと名乗るその男は、捕らえられた牢屋で牢番の少女と、村に盗みに入り捕らわれている少年と出会う。

● 伝承者立つ

ケンシロウのやさしさに触れた少女は、貴重な食料も運んでくる。

この少女・リンは 過去の辛い経験から、言葉を話せなくなっていた。
ケンシロウの 「つらいか」 の問いに、気丈にも首を振るリン。
ケンシロウはその少女の秘孔を突き、 言葉を呼びもどすきっかけを作る。

村の長老の尋問を受けるケンシロウ。 その胸には 北斗七星にも似た傷があった。
長老 「北斗七星 ・・・ 死を司る星。 不吉な ・・・」

その時、爆音が響き、Zが村を襲ってきた!

村を守るため、駆り出されるリン。 死を覚悟したリンは 牢屋の鍵を置いていく。
「相手はZだ! 奴らは女子供だろうが 容赦なく皆殺しだ!」
少年・バットの言葉に奮い立つケンシロウは、牢屋を破って救出へと向かう。

● 心の叫び

ケンシロウを案じたリンが 心からの叫びで言葉を取り戻す。
「来ちゃだめ! 逃げて!」

だが、ケンシロウは構わず Zの前に立ちはだかる。

トドメは、もちろんこの技 「北斗百裂拳」!

つづきはこちら



このページに関するコメント



※コメントには認証が必要です。表示されている文字列を入力し認証してください。
※文字が判別しにくい場合は画像クリックで別な画像を表示します。